トップページへ神の家族キリスト教会

 

忠実・誠実人生

- 2001年3月25日 -

 村仲俊朗 師

マタイ25:14-30

神は不公平なお方?
「天の御国は、しもべたちを呼んで、自分の財産を預け、旅に出て行く人のようです。」(マタイ25:14 )
しもべとは奴隷、主人の言われることを忠実に守ることです。

「彼は、おのおのその能力に応じて、ひとりには五タラント、ひとりには二タラント、もうひとりには一タラントを渡し、それから旅に出かけた。」(マタイ25:15 )
チョットみると不公平な気がします。しかし神様は各々の能力に応じて与えられました。一タラントの人に五タラントを与えればその人は倒れてしまいます。各々の能力に応じて使いこなす知恵を頂いていくことを覚えておきたいです。国民性・個性・性格・賜物もその人の能力に応じて与えておられます。

「主に喜ばれるものがなんであるかを、わきまえ知りなさい。」(エペソ5:10)
私たちは結果を気にします。失敗を神様は裁きません。懸命にハンディを追いながらも主に従って行うことが忠実で神様が喜ばれることです。神様に喜ばれることは何かを考えてください。また、あなたの個性を大事にしてください。

五タラントの人に見ることが出来ない世界を一タラントの人は持っています。あんな事が、こんな事が足りないとは言わず、感謝してください。あなたは小さな事でもよくやったと、主に喜ばれることは何か、そう心に思っていきましょう。

チャンスは寝て待つのでしょうか?

決してそうではありません。これだけしか与えられないではなく、信仰を持って進む事を主は望んでおられます。めんどくさい、こんな事だったら与えられない方がましだ、と無視していたならそれは忠実ではありません。

「もし愛がなければ、わたしは無に等しい。」(Tコリント13:2 )
愛を持って神様に仕えるなら、私たちが経験したことのない事を神様は用意して下さいます。神様は約束を守られるお方ですから、それを信じて忠実に行うことです。望みがなかなか叶えられないと神様への不信仰が出てきます。色々なサタンからのささやきがきます。お前には絶対できないと・・・サタンは偽り物です。イエスの御名によって追放の祈りをして下さい。告白をし続けてください。神様に従いなさい。悪魔に立ち向かいなさい。信仰があるからこそ悪魔のささやきがきます。

「わたしたちの戦いは、血肉に対するものではなく、もろもろの支配と、権威と、やみの世の主権者、また天上にいる悪の霊に対する戦いである。」(エペソ6:12 )苦しくて耐えられない時、「主よ、私の人生に介入して下さい。」と告白しましょう。私たちを整えるために長いトンネルにも入りますが祝福の約束が与えられています。あなたにしかできない世界があります。それを大胆に行い主に助けを求める方に祝福の約束が与えられています。アーメン

 

2001/03/29更新

 

先頭へ

戻る