トップページへ神の家族キリスト教会

 

愛と赦しと感謝にあふれて

- 2002年4月21日 -

 村仲 俊朗 師

ルカ 7:36-50

  この箇所に先だって、イエス様は会堂で、イザヤ書から御自分が地上に来られた理由を述べられました。「わたしの上に主の御霊がおられる。主が、貧しい人々に福音を伝えるようにと、わたしに油を注がれたのだから。主はわたしを遣わされた。捕われ人には赦免を、盲人には目の開かれることを告げるために。しいたげられている人々を自由にし、主の恵みの年を告げ知らせるために。」(ルカ4:18〜19)
  「いっしょに食事をしたい、とイエスを招いた」パリサイ人は、律法を守り、社会的にも地位が高く、自分たちこそは正しいと思いこんでいる人でした。イエス様はそれを御存知で、敢えて招待に応じられました。イエス様は、価値観や宗教の違う人々、時には御自分を敵視している人々とも積極的に交わりをもたれました。パリサイ人の食卓は、規律が重んじられ、本来「罪人」と言われる人々が来る余地はありません。
  しかし、ここに「ひとりの罪深い女」(共同訳では(おそらく娼婦))がやって来ます。そして「泣きながら、イエスのうしろで御足のそばに立ち、涙で御足をぬらし始め、髪の毛でぬぐい、御足に口づけして、香油を塗った」のです。この香油は石膏のつぼに入っていたものですから、当時結婚の準備のためにとっておかれる、大変高価なものだったはずです。どんなに勇気が要ったことでしょう。そして、どのような思いから、彼女はこんな行動をとったのでしょうか。

  かつて主はアブラムにこう仰せられました「さあ、目を上げて、あなたがいる所から北と南、東と西を見渡しなさい。わたしは、あなたが見渡しているこの地全部を、永久にあなたとあなたの子孫とに与えよう。」(創世記13:14〜15)私たちはいつも過去の経験を通して物事を見ています。罪や失敗は、恐れが壁となって立ちはだかり、神様の約束が見えなくなってしまいます。そんな時は神様から勇気と力を頂きましょう。困難や試練に遭った時、頭を下げてしゃがみ込んでしまうのではなくて、膝を伸ばし、両手を挙げて、見渡す限り全部を受け取りましょう。「すべての懲らしめは、そのときは喜ばしいものではなく、かえって悲しく思われるものですが、後になると、これによって訓練された人々に平安な義の実を結ばせます。ですから、弱った手と衰えたひざとを、まっすぐにしなさい。」(ヘブル12:11〜12)
  罪は英語で“sin”といいます。スペルの真ん中は“I”つまり「私」、自分自身が中心になっている状態です。パリサイ人が突然現れた女性を「心ひそかに」さばいていたことを、イエス様は見通しておられました。いくら律法を守っていても愛がない、自分中心のパリサイ人は、イエス様の目には罪人でした。これに対して香油を捧げた女性は、イエス様の御臨在によって罪赦された者となっていました。「涙で御足をぬらし始め、髪の毛でぬぐい、御足に口づけして、香油を塗った」行為で赦されたのではありません。イエス様の元へ来た時から既に赦されていました。赦されたからこそ、最高の物を捧げて、多くの愛を行動で示したのです。新改訳聖書では「ひとりの罪深い女」ですが、口語訳聖書では「その町で罪の女であったもの」となっています。もはや罪人は過去の状態であって、今は新しくされたのです。私たちも、イエス様に出会い、自分に死にきって“I”がなくなり0(ゼロ)になって、新しく生まれ変わって、神様の子供“son”になれるのです。

  イエス様は「捕われ人には赦免を・・・告げ」て下さいます。罪に束縛されていた者はその牢獄から、神様の特赦によって解放されます。そして「しいたげられている人々を自由に」して下さいます。家庭・学校・職場で、何かに捕らえられて逃れられない時、イエス様を仰ぎましょう。私たちは、この赦しと解放の感動によって、愛と感謝に溢れて生きて行けるのです。肉で愛することには限界があります。その時こそ、助け主・助言者であられる聖霊様の満たしと助けを求めましょう。聖霊様は、もしイエス様御自身が地上におられたら行われるみわざを、今行うためにおられるのです。聖霊様に満たされると、私たちは主の素晴らしさを知ります。愛・喜び・平安の実を結んで、それまで赦せなかった人をも赦せるようになり、周囲の人々が私たちを通して主を認めるようになるのです。「この希望は失望に終わることがありません。なぜなら、私たちに与えられた聖霊によって、神の愛が私たちの心に注がれているからです。」(ローマ5:5)
  罪赦され、解放された私たちの心には、神様の永遠の愛、イエス様の十字架のみわざへの感謝が湧き起こってきます。そして、私たち自身の肉の頑張りではなく、聖霊様に押し出されて、主の証人・愛の器となり、ますます主の栄光の似姿へと変えられていくのです。


  私たちを愛してくださる天のお父様、愛の絆で私たちを選んで下さったことを感謝します。以前は罪にがんじがらめにされ、暗闇の中にいましたが、イエス様に解放されて全てが新しくなりました。今、信仰の目を開いて、あなたが与えて下さる領域をしっかりと見させて下さい。あなたの御臨在の中で、赦しといやし、聖霊様の励ましを受け取ります。あなたに応答して、もっと愛を表すことができるように助けて下さい。主イエス様の御名によってお願いします。アーメン。

 2002/04/24更新

 

先頭へ

戻る