トップページへ神の家族キリスト教会

 

主の御名を誇る

- 2002年9月15日 -

 水野 明廣 師

使徒 3:16

 皆さん、洗礼というのは結婚式を挙げるのと同じです。結婚式は公にすべての人に向かって告白することですが、イエス・キリストを信じ、洗礼を受けて私たちは義とされるのです。告白するとは、明らかに多くの人に「私はイエス様を信じます」と言うことを、水のバプテスマという行為によって宣言しているのです。心で思っていることを口で表す。これは大切なことです。
  私たちクリスチャンが「イエスの御名によってサタンよ出よ」といったときに出るかどうかは、あなたがそのお名前を使う立場、特権、環境を持っているかどうかにかかっています。そのための最初の条件がバプテスマなのです。ローマ 6:3-4「バプテスマによって、キリストとともに葬られたのです。バプテスマによって、新しい命に変えられる。」だから、私たちはイエス様の御名によってこの特権を使うことが出来るのです。
  しかし、もう一つバプテスマというのは、水のバプテスマだけではなく、聖霊のバプテスマがあります。これは保証書のようなものです。ですから水のバプテスマ、聖霊のバプテスマをもって、イエス様の御名を使うと、主が働かれるのです。イエス様が私の名によって求めていいよ、とおっしゃる意味は誰かの代わりに、誰かの代理人として同じ権威、同じ力を発揮できるということです。

  詩篇 20:6-8「今こそ、私は知る。主は油を注がれた者をお救いになる。… 私たちは立ち上がり、まっすぐ立った。」この御言葉で大切な点は、私たちは主の御名によって生きるという生き方を貫くとき、私たちが神様にお約束するときの結果は、イエス様と同じ権威、力、勢いを持つことができるのです。
  また、更に大切なことは、主は油を注がれた者をお救いになる。つまり主は聖霊の油注ぎという事実と同時に、主の御名を誇るクリスチャン生活です。私たちが絶望したときに聖霊様は大きく働かれます。私たちが本気で主にすがると働かれます。主の油注ぎと主の御名を誇ることは、つながっているのです。

  皆さん、わたしたちにこんな経験、肩書きやこんなものを持っているとか、学歴とかはぜんぜん神様の前では関係ありません。サタンもビビリすらしません。サタンが恐れるのは、へりくだって本当に砕かれて「主よ。あなたの助けがほしい、助けて、そして私の名前は何の意味もありません。あなたの御名にはいっさいの権利があります。」と主を求める人です。ピリピ 2:9「あなたの御名にはすべてに勝る」と書いてあります。ピリピ 2:10「すべての者はひざをかがめ」ともかいてあります。マルコ 16:17「わたしの名によって悪霊を追い出し…」イエス様の御名によって祈れば、イエス様に代わってイエス様の代理人として、イエス様の権威と力を用いる資格があるのです。それが洗礼の恵みです。
  もう一つが御霊の助けです。この二つが私たちが主の願っていらっしゃる、天の父が私を遣わしてくださったようにわたしもあなた方を遣わすしますということです。学校にも町にも職場にもイエス様はいるのです。あなたがいるところにはイエス様はいるのです。イエス様は砕かれた心だけを欲しいとおっしゃっておられます。そして聖霊様からくる愛の心、イエス様の御名を誇りなさい。イエス様の御名を誇りなさいとは「主よ、立ち上がってください。」という意味です。

  イエス様の中にすべてを置くことです。コロサイ 3:17「ことばによると行いによるとを問わず、すべて主イエスに名によってなし、主によって父なる神に感謝しなさい。」皆さん、事をなすときにイエス様なら、本当に喜んでこれをされることだろうかと少し理性的にも考えてください。イエス様だったらこうされるのだろうか、こう言われるのだろうか、皆さんが立ち止まって考えるのに意味があります。もう一つはイエス様の御名を誇りとすることは、イエス様の御名にあるすべてが、あなたの生活に及んでくるという意味です。救い、癒し、満たし、そうですイエス様の御名を誇る人に主はそのようにしてくださいます。


  聖霊様助けてください。聖霊なる主よ、あなたを歓迎します。イエス様の御名によって、イエス様の御名によって私たちの言葉、行いによらず、イエス様の御名によって生きることができますように助けてください。もっとイエス様の御名による力、特権、意義を悟らして下さい。もっともっとイエス様の御名を誇るものとさせて下さい。聖霊様が格別に働き助けてください。イエス様の御名によって祈ります。アーメン

 2002年9月18日更新

 

先頭へ

戻る