トップページへ神の家族キリスト教会

 

たましいは主を待ち望む

- 2003年4月27日 -

 水野 明廣 師

詩篇 33:21

  詩篇 33:13「・・・人の子らを残らずご覧になる」・・・主は私達をよく見ておられます。私達は神様の前では何も隠せないのです。心の模様を全部知っておられます。でも、それは神様が本来私達に神の御力を表すために、神の御心にかなう人を探していらっしゃるからです。
  忘れないでください。神は良いお方で愛に溢れていらっしゃいます。旧約聖書の中では神を恐れるという言葉が何度も出てきます。人間がまずもっていなければ成らない恐れ、それは神に対する恐れを持っていなければいけません。

●ルカ 12・・・人を恐れてはいけません。
●箴言 29・・・人を恐れる人は罠におちいります。

  イエス様も「恐れるべきお方を恐れなさい」とおっしゃいます。箴言1:7「主を恐れることは知識の初めである」神を敬うことが知識の初めであると書いてあります。どんなに素晴らしい化学や哲学、人文学あらゆる分野の知識を持っていても神を恐れる知識のない人はむなしく愚かだと言っています。箴言9:10「主を恐れることは知恵の初め、聖なる方を知ることは悟りである」待ち望むという言葉と、敬い恐れるという言葉は深い関わりがあるのです。神の国と神の義を大事にしなさい。そうすればすべてが備えられてきます。神を敬う、神を尊敬するという言葉が実は神を恐れるという言葉に関係しています。
  私は神様を敬っています。神様を尊敬していますということは、神様を大切にするということです。主を待ち望むということもそんな意味と思っていてください。詩篇25:12、神は神を恐れ敬うものと親しくされ、神はその人に御旨を教えられる。
  お互いに愛し合っているお互いに大切にし合っているということによって、初めて私達はそれぞれ言葉を交わすことから、意思を交わすことが出来るようになります。お互いに大切にしなければなりません。もし私達が無視したりあるいは冷たくしたりして、あるいはされたりするとだんだんその相手と私達は交わりが出来なくなって、意思が通わなくなってしまいます。これも実際生活で経験されていると思います。神様に心をいつも向けていて下さい。
  皆さん、大切な人は忘れることはできません。私達も、「私は神様を待ち望みます。神様を大事にしています。」という生活をこれからもっともっと勧めて行かれるといいと思います。イエス様がどんなにやさしく見つめていらっしゃるか、それを今日は大事にして下さい。主は何もかもご存知です。それは裁く為でも叱る為でもありません。主の御力を現す為です。
  ペテロI 2:17「すべての人を敬いなさい」人にたいして尊敬の気持ちを持ってください。イエス様と同じようにしていきたいと思います。主はあなたを待ち望んでいます。主は最高のものを相続させてくださいます。週の初めにこうして礼拝なさるのも神を重んじていらっしゃる皆さんの姿勢です。日曜日の礼拝だけで終わらないで下さい。もっともっと主を慕い求め主を重んじる生活をして下さい。必ず主は皆さんの生涯に御力を現してくださいます。人は裏切る、組織は失望させることがありますが、神様は絶対にそのことをなさいません。主イエス様にもっともっと心を向けて下さいますように。主を待ち望む者は本当の意味で神様の御力を受けます。
 
  イエス様、今日私達は主を待ち望みます。あなたは私達のすべてを読み取っていらっしゃいます。今日それを3回繰り返えされて書かれていました。もっとあなたを重んじ、第一にする生活を出来ますように。私はいつでもあなたを慕い求めます。あなたを激しく求める生活が身につきますように。
  守って下さるのはあなたです。軍勢の力では無いといっております。今日お一人お一人が、私は主を待ち望みます、主を敬って大事にしていきます。こんな祈りをしながらもっと出来る人になれますように。お願いします。


  愛してくださいますイエス様、あなたがどんなにか私達の心に注目していらっしゃるのか教えてくださりありがとうございます。私がいつも神の国と神の義をいつも第一に出来ますように、私のいる所でそれが出来ますように聖霊様助けて下さい。主の喜ばれる、安心される私の心の思い、そんなものをもてなすように聖霊様助けて下さい。あなただけからくる思いが私を支配しますように。あなただけからくる言葉だけが私の言葉になりますように、私の態度もイエス様に習うことが出来ますように。古い私は死にました。新しい自分がイエス様の命が生きていきますように助けて下さい。イエス様の御名によってお願いします。アーメン

 2003年4月30日更新

 

先頭へ

戻る