トップページへ神の家族キリスト教会

 

「二つの目」

- 2004年7月4日 -

禹浩鉉 牧師

エペソ 1:18-19

 エペソ1:18-19では3つの素晴らしい事を知ることができるようにと言っています。一つ目は、「神の召しによって与えられる望みがどのようなものか」、次に「聖徒の受け継ぐものがどのように栄光に富んだものか」、最後に「神の全能の力の働きによって私たち信じる者に働く神のすぐれた力がどのように偉大なものであるかを、あなたがたが知ることができますように。」と。そして、これらを見るためにはまず、私たちの心の目がはっきりと見えるようになることが必要なのです。

私たちの現実とは、時として様々なつらい状況であることがあります。出口のない、全く解決の方法がないような、そして逃げ出したいけれども逃げられない状況。そのような現実を前にして、私たちクリスチャンは御言葉のいうもう一つの心の目が開かれる必要があります。

私たちをクリスチャンたらしめているものはなんでしょうか。毎日賛美をするからですか?聖書を持っているからですか?あるいは十字架のネックレスを持っているからですか?
私達がクリスチャンであるのは見えない神を信じる信仰をもっているからです。私たちはどのような者であっても、神の憐れみによってイエス・キリストを通して神の子とされています。

●エペソ2:8・9「あなたがたは、恵みのゆえに、信仰によって救われたのです。それは、自分自身から出たことではなく、神からの賜物です。行ないによるのではありません。だれも誇ることのないためです。」

救いは自分自身が獲得するものではありません。自分の努力が自分をクリスチャンとはしないからです。ただイエス・キリストを真の救い主として受け入れたのでクリスチャンとなりました。

私たちの心の目が開かれてはっきり見えるようになるならば神があなたをどれだけ愛しているのか、神があなたに何をしようとされるのかを知ることができます。神が私たちに何かを悟らせたいのに、私たちが信仰を働かせないと神の計画がわからず不平不満が出て、希望を見出せません。私たちが信仰を働かせるならば心の目が開かれて、神の与えてくださるものがどんなに素晴らしいかを知ることができ、その時神の御手が動くのです。

●ヘブル11:1-2「信仰は望んでいる事がらを保証し、目に見えないものを確信させるものです。昔の人々はこの信仰によって称賛されました。」

2節以下は信仰によって事をおこなった時に、主が働いてくださった業が書いてあります。もちろん今でも信仰によって歩んでいる兄弟姉妹はたくさんいます。信仰によって神ご自身に迫っていく時に、人の考えをはるかに超えた御業を神が働かせてくださるのです。

●Tコリント2:9「目が見たことのないもの、耳が聞いたことのないもの、そして、人の心に思い浮んだことのないもの。神を愛する者のために、神の備えてくださったものは、みなそうである。」

神が私たちを愛してくださっているならば、なぜ私たちが願う前にそうしてくださらないのか、と思われる方もいるかもしれないですね。それには、二つの理由があります。神が私たちの自由意志を尊重されているということ、次に私たちが成長していくためです。フォアグラはどのように作られているかご存知でしょうか。ダチョウの首をつかまえ、口にじょうごを差し込んでダチョウの食欲とは別に、食べ物を流しいれます。そのようにして栄養過剰で肝臓が肥大し、できあがるのがフォアグラです。そのような肥大した肝臓を良いと思いますか。信仰は試され、さらに試されて、きゅっとしまったからし種ほどの信仰で十分なのです。そのからし種の信仰が山をも動かすのです。

ある方は現実をしっかり見つめて祈ることができます。しかしある方は現実をしっかり見なかったり、目をそらしてしまいます。どんな状況のなかでもまず、現実をしっかりと見ることが必要です。どんな苦しい状況でもしっかりと現実を直視しましょう。そしてそれでも働かれる神に信頼して祈りましょう。その時、自分の信仰の未熟さを知るかもしれませんが、主の御前に進み出てください。必ず神の御業がなされます。自分の弱さに気づく事も大事なのです。自分の弱さを知るときに大胆に神の御前に出て祈り、より頼むことができるからです。
「ここに少年が大麦のパンを五つと小さい魚を二匹持っています。しかし、こんなに大ぜいの人々では、それが何になりましょう。」(ヨハネ6:9 )アンデレは恐らく大勢の人を前にして、こんな少しのものが・・・と恥ずかしそうにこのパンと魚を持ってきたのではないでしょうか。
しかし、イエス・キリストはその現実を知っていても、主に感謝をささげました。その結果男性の数だけで5000人が満足しただけでなく、余ったパンは12のかごにいっぱいになりました。信仰が増し加わるのは知識によることよりも、体験によることが大きいのです。どうか、現在の状況にとどまる事をせず、もっともっと大胆な信仰の勇者となるためにますます心の目が開かれて主が与えてくださる素晴らしさを知ることができるよう求めていきましょう。2004.7.4

 2004年7月8日更新

先頭へ

戻る