トップページへ神の家族キリスト教会

 

愛によって結び合わされ

- 2004年7月11日 -

大矢 頭  師

コロサイ 1:27-2:3

 福音は私が私であること、すなわち、私たちの存在の意味を決定付ける大切な要素です。私たちが福音を受け入れて、福音によって存在しているといことをしっかり把握しているなら、新しくされた人として生きていくことができます。

福音は、私たちの行いによってではなく、信仰によって、神が私たちに与えて下さるものすべてを受け取ることができると言っています。(参考 Tコリント15:1−5)福音は私たちのために神様がして下さった事だけでなく、すべての弟子たちにキリストが現れて下さったと言っています。私たちがどんな生き方をして来たかにかかわらず、神の恵みはすべての弟子たちに等しく現われました。(参考 Tコリント15:6−10)福音は、神様が私達に出会ってくださったということで終わりません。私たちは、神様と結びあわされ、キリストの体として一つにされました。それだけでなく、神様はすべての造られた者をキリストのもとに一つに集めたいと願っておられるのです。

 一つに集められた教会には、いっさいにものをいっさいにものによって満たす方が満ちておられます。(参考 エペソ1:23)神様は私達クリスチャンだけを満たすだけにとどまりません。教会の外にいる人々にも、満たされた私たちが影響力を発揮していくようにされるのです。神様の力をもった教会とは、キリストのもとにすべての者がしっかり結び合わされている教会です。そこに福音の力が完全に働いて、現されています。私たちが個人的な満たしだけで満足しているなら、それは本物とは言えません。福音によって生きている私たちが、福音のために生きていく時、本当に満たされ、自分らしく生きることができるのです。パウロが福音を伝えた理由は、すべての人をキリストにある成人として立たせるためです。この成人という言葉は一人の人という意味があります。すなわち、キリストにあって一つになるということです。

イエス・キリストは神と人の壁、人と人との壁を打ち壊してくださいました。(参考 コロサイ1:27−2:3)私たちは多くの人々に関心を持ちましょう。福音のために働いている人々に無関心であってはなりません。私たちが関心を持つことによって、自分自身がまた励ましを受けることができるのです。関心を持つことによって、私たちが一つに結びあわされて、本当に満たされ、他の人々の必要も満たしていくことができるようになります。これが福音によって生きる力です。 

●ピリピ 1:27−28

『ただ、キリストの福音にふさわしく生活しなさい。そうすれば、私が行ってあなたがたに会うにしても、また離れているにしても、私はあなたがたについて、こう聞くことができるでしょう。あなたがたは霊を一つにしてしっかりと立ち、心を一つにして福音の信仰のために、ともに奮闘しており、また、どんなことがあっても、反対者たちに驚かされることはないと。それは、彼らにとっては滅びのしるしであり、あなたがたにとっては救いのしるしです。これは神から出たことです。』

  今週、皆様が福音にふさわしく生活し、また福音の力を体験することができますよう祈ります。

 2004年7月17日更新

先頭へ

戻る