トップページへ神の家族キリスト教会

 

「あなたは何処にいるのですか。」

- 2004年10月24日 -

フィル・カーン師

  あなたは何処にいるのですか。聖書の中での最初の質問がこれです。神様が最初に言われた事は「あなたは何処にいるのですか。」です。すごい質問です。私たちが見えるものや匂い全てのものを神様は御創りになりました。想像を超えたものを5日間で御創りになりました。6日目に神様は人間を創りました。
そして7日目に神様はお休みになられました。神様は疲れないのに休まれたのはなぜでしょうか。神様が創った友達といっしょにいたかったのです。しかし、人間が神様から避けて隠れてしまったのです。神様から自分を隠せると思ったのは浅はかですよね。神様が造られた木に隠れても、隠れたつもりをしているだけです。神様は見通しておられます。
それなのに「あなたは何処にいるのですか。」と神様は聞いているのです。これは神様の引き裂かれた心の叫びがあるのです。皆さんに神様が「あなたは何処にいるのですか。」と聞いておられます。あなたと一緒にいたいよって。神様が「なぜ、私からあなたは隠れようとするの。」
みなさんは、「本当の私を知って欲しくない」と言いますか。本当の自分、自分自身でも嫌になっているのを隠したい、隠れたいのですか。創世記3章から神が人を探しておられるという歴史が始まりました。神様が人々を求めておられます。神様の心は人間との交わりに熱く燃えています。神様は今も真の友達を探しておられます。神様は聖霊となって人の内に住もうとされました。
ところが、神様が私たちの内に住まわれても私たちが避けています。私たちは見栄という覆いを着て神様から自分を隠しているのです。人間的に成功すればいいという、そんな生き方をして神様から身を避けていますか。夫、お父さん・・・「あなたは何処にいるのですか。」「あなたは本当に神の義の上に家を守る人としてあなたは立っているのですか」と神様は聞いておられます。仕事が私たちを隠す場になっているのです。神様はあなたが何者か御存知です。妻、お母さん・・・あなたは何処にいるのですか。主婦の持ち場が隠す場になっていませんか。若い人もそうです。神様は何もかも見通しておられます。学校で、職場で、家庭であなたはそこに居ながら、本当は何処に居るのですかと神様は聞いておられます。私たちは何かで隠れてみたいようです。ありのままを神様は見ておられます。神様はあなたという人をたえず追いかけておられます。


愛して下さるイエス様、あなたは私を知り尽くされ、あなたからは隠れられません。でも、隠れた、隠そうとした生活をしてきました。仕事のせいで隠れました。福音の仕事で忙しい言ってと隠れました。この世界でもっとも大切なあなたと時を過ごそうとしませんでした。色々な事をやりがいにして隠れた事をごめんなさい。あなたに応答出来ます様に聖霊様、助けて下さい。あなたは人を愛される神様ですからありがとう御座います。どうか、隠れないであなたの前でこの身をいつも乗り出して捧げる事が出来ます様に助けて下さい。私という者を探して下さる本当の友であられるあなたと関係が持てるようにならせて下さい。

聖霊様、どうかあなたの思いだけが我々の思いとなります様に。私の方からと主がおっしゃるお声を自分の為にかけられたと受け取りながら、私たちは御子イエスキリストとの交わりに招かれたと言うこの御言葉を、自分のものに出来ますように。イエス様の御名によって祝福して祈ります。アーメン

2004年10月30日更新

先頭へ

戻る