トップページへ神の家族キリスト教会

 

「成功の秘訣」

- 2004年11月7日 -

水野 明廣 牧師

詩篇127:1-5

  物事がうまく行き、成功するためには何が必要でしょうか。ローマ9:16には、「したがって、事は人間の願いや努力によるのではなく、あわれんでくださる神によるのです。」とあります。実は私たちは神が建て上げてくださる人生、神に守っていただく人生を生きています。すべての事は神の御手の内にあるからです。

●詩篇127:1-2「主が家を建てるのでなければ、建てる者の働きはむなしい。主が町を守るのでなければ、守る者の見張りはむなしい。あなたがたが早く起きるのも、おそく休むのも、辛苦の糧を食べるのも、それはむなしい。主はその愛する者には、眠っている間に、このように備えてくださる。」

エジプトから民をつれだしたモーセは、この事をよく知っていました。

●出エジプト33:15 「それでモーセは申し上げた。『もし、あなたご自身がいっしょにおいでにならないなら、私たちをここから上らせないでください。』

主が共にいてくださるということは祝福や成功を意味します。しかし同時に罪や悪からも離れることです。モーセは主の目にかなう者でしたが、イスラエルの民は偶像をつくり、主の前に悪を行いました。主はそれに対して恐ろしい裁きを下されました。主は聖なる方です。罪や悪を容認されるお方ではありません。罪を犯したならば、主は共にいることができません。主からの祝福も受け取ることができなくなります。では罪を負った私たちがどのようにして主の祝福を受け取ることができるでしょうか。聖なる神の御前で、不正や罪を悔い改めていく必要があります。それは、私たちの罪の代わりに十字架に架かり、死んでよみがえられたイエス・キリストによるのです。

●コリントT6:11「『あなたがたの中のある人たちは以前はそのような者でした。しかし、主イエス・キリストの御名と私たちの神の御霊によって、あなたがたは洗われ、聖なる者とされ、義と認められたのです。』罪の中にあった私たちはイエス・キリストによって罪が赦されました。」

赦されたらならば、聖なる神はその祈りを聞いてくださいます。

主は私たちを愛しているからこそ戒められるのです。子供でも健全な大人になっていくために叱られることは必要です。また夫婦関係もお互いに喧嘩しているうちはいいです。それが口も利かなくなったらかなりその関係は重症といえるでしょう。ですから主から戒めを受けたならば悔い改め、罪を遠ざけ、いつもイエス・キリストの救いの中に留まり続けましょう。イエス・キリストの救いがなければ、聖なる神の祝福を私たちは受け取ることができないからです。

●ヨハネ15:5 「わたしはぶどうの木で、あなたがたは枝です。人がわたしにとどまり、わたしもその人の中にとどまっているなら、そういう人は多くの実を結びます。わたしを離れては、あなたがたは何もすることができないからです。」

人はもちろん計画を立て、努力することは大切です。しかし、もっと大切なことは、成功させてくださるのはすべて神の御業であることを知ることです。

●箴言19:21 「人の心には多くの計画がある。しかし主のはかりごとだけが成る。」
●箴言16:9 「人は心に自分の道を思い巡らす。しかし、その人の歩みを確かなものにするのは主である。」

また、こうも言われています。

●ピリピ2:13 「神は、みこころのままに、あなたがたのうちに働いて志を立てさせ、事を行なわせてくださるのです。」

ですから、私たちが成功するかどうかは、神にかかっています。私たちの願いが神様から来たものかどうか知ることはとても大切です。

●歴代下16:9 「主はその御目をもって、あまねく全地を見渡し、その心がご自分と全く一つになっている人々に御力をあらわしてくださるのです。」
●伝道者2:26 「なぜなら、神は、みこころにかなう人には、知恵と知識と喜びを与え、罪人には、神のみこころにかなう者に渡すために、集め、たくわえる仕事を与えられる。これもまた、むなしく、風を追うようなものだ。」

成功するための三つの条件があります。

1.私たちは神の栄光をあらわすために創られた。
●コリントT10:31 「こういうわけで、あなたがたは、食べるにも、飲むにも、何をするにも、ただ神の栄光を現わすためにしなさい。」
●コリントU5:9「そういうわけで、肉体の中にあろうと、肉体を離れていようと、私たちの念願とするところは、主に喜ばれることです。」

ですから、神の栄光あらわすために召されていることを知る必要があります。

2.神が大事にされることを私たちも大事にする。ヤコブは、神からの長子の祝福が素晴らしいことを、エサウよりよく知っていました。ヨセフは奴隷であったときも神の前に罪を犯すことを恐れました。ダビデも罪を犯すことを何よりも避けました。罪を避け、主からの祝福を求めましょう。

3.私たちは主によって生きていることを知る。
●詩篇127:1-2「主が家を建てるのでなければ、建てる者の働きはむなしい。主が町を守るのでなければ、守る者の見張りはむなしい。あなたがたが早く起きるのも、おそく休むのも、辛苦の糧を食べるのも、それはむなしい。主はその愛する者には、眠っている間に、このように備えてくださる。」

努力することはとても大切なことですが、すべては神の御手の中です。

私たちの願いが、主が願いをおこさせてくださったものならば、大胆にその成功を求めて行きましょう。そして、日々イエス・キリストの十字架の前で罪を悔い改めて、聖なる主からのあらゆる良きもの、祝福、成功を受け取って生きましょう。

2004年11月14日更新

先頭へ

戻る