トップページへ神の家族キリスト教会

 

「信じて従い通す時」

- 2005年1月23日 -

村仲 俊朗 師

ヨハネ2:1-11

  T.非常事態

●ヨハネ2:1〜3「それから三日目に、ガリラヤのカナで婚礼があって、そこにイエスの母がいた。イエスも、また弟子たちも、その婚礼に招かれた。ぶどう酒がなくなったとき、母がイエスに向かって「ぶどう酒がありません。」と言った。」

@人生の計算違いがいっぱい。・・・皆さん人生の計算違いは本当に多いです。ここではぶどう酒が無くなってしまった計算違いがありました。

A主が共にいても問題が起きた。・・・イエス様も弟子たちもその婚礼に招かれました。ガリラヤ湖でイエス様と弟子が船に乗って岸を渡ろうとしたが嵐が起きました。イエス様が居られるにもかかわらず問題が起ってしまいました。イエス様と弟子が船に乗って岸を渡ろうとしたときも問題が起きてしまいます。

U.信頼の中の祈り

●ヨハネ2:3〜5 「ぶどう酒がなくなったとき、母がイエスに向かって「ぶどう酒がありません。」と言った。すると、イエスは母に言われた。「あなたはわたしと何の関係があるのでしょう。女の方。わたしの時はまだ来ていません。」母は手伝いの人たちに言った。「あの方が言われることを、何でもしてあげてください。」」・・・・・マリヤの行動から学ぶ事。

@ストレートな祈りを主に持ってくる。・・・マリヤのように「ぶどう酒がありません。」とストレートに話す事が大切です。

●ピリピ4:6 「何も思い煩わないで、あらゆるばあいに、感謝をもってささげる祈りと願いによって、あなたがたの願い事を神に知っていただきなさい。どんな事でも祈りなさい。感謝しましょう。」

A無視されたように思っても信頼する。

●ヨハネ2:4,5「すると、イエスは母に言われた。「あなたはわたしと何の関係があるのでしょう。女の方。わたしの時はまだ来ていません。」母は手伝いの人たちに言った。「あの方が言われることを、何でもしてあげてください。」」・・・・あのマリヤも計算違いをしたのです。でも、そのあと信頼していることがわかります。マリヤは御言葉を全面的に信頼しています。

B問題を持ち帰らないで置いてくる。

●ピリピ4:7 「そうすれば、人のすべての考えにまさる神の平安が、あなたがたの心と思いをキリスト・イエスにあって守ってくれます。」・・・重荷をすべてイエス様に委ねる事が奇跡を起こしてくださいます。

V.非常事態からのレッスン

●ヨハネ2:6〜11「さて、そこには、ユダヤ人のきよめのしきたりによって、それぞれ八十リットルから百二十リットル入りの石の水がめが六つ置いてあった。イエスは彼らに言われた。「水がめに水を満たしなさい。」彼らは水がめを縁までいっぱいにした。イエスは彼らに言われた。「さあ、今くみなさい。そして宴会の世話役のところに持って行きなさい。」彼らは持って行った。宴会の世話役はぶどう酒になったその水を味わってみた。それがどこから来たのか、知らなかったので、・・しかし、水をくんだ手伝いの者たちは知っていた。・・彼は、花婿を呼んで、言った。「だれでも初めに良いぶどう酒を出し、人々が十分飲んだころになると、悪いのを出すものだが、あなたは良いぶどう酒をよくも今まで取っておきました。」イエスはこのことを最初のしるしとしてガリラヤのカナで行ない、ご自分の栄光を現わされた。それで、弟子たちはイエスを信じた。」

@主のスケジュールは変更可能なのです。・・・主の愛する者が求め続けるなら主はスケジュールをも変更して下さいます。

●マルコ7:24 「イエスは、そこを出てツロの地方へ行かれた。家にはいられたとき、だれにも知られたくないと思われたが、隠れていることはできなかった。だれにも知られたくないと思われたが、隠れていることはできなかった。」・・・とイエス様も計算違いがあったのです。

●マルコ6:48 「イエスは、弟子たちが、向かい風のために漕ぎあぐねているのをご覧になり、夜中の三時ごろ、湖の上を歩いて、彼らに近づいて行かれたが、そのままそばを通り過ぎようとのおつもりであった。しかし、弟子たちは、イエスが湖の上を歩いておられるのを見て、幽霊だと思い、叫び声をあげた。」・・・そのままそばを通り過ぎようとのおつもりであったが弟子たちに叫ばれてしまいました。

A従い通すときに見事に問題解決されます。

●ヨハネ2:6 「さて、そこには、ユダヤ人のきよめのしきたりによって、それぞれ八十リットルから百二十リットル入りの石の水がめが六つ置いてあった。水を溢れんばかりにいっぱいにした。」・・・とことん従い通した。完全にしたがったのです。そのとき問題が解決されるのです。

B主は最高の結果を用意して下さる。

●ヨハネ2:9 「宴会の世話役はぶどう酒になったその水を味わってみた。それがどこから来たのか、知らなかったので、・・しかし、水をくんだ手伝いの者たちは知っていた。・・彼は、花婿を呼んで、言った。「だれでも初めに良いぶどう酒を出し、人々が十分飲んだころになると、悪いのを出すものだが、あなたは良いぶどう酒をよくも今まで取っておきました。」

●ヨハネ2:11 「イエスはこのことを最初のしるしとしてガリラヤのカナで行ない、ご自分の栄光を現わされた。それで、弟子たちはイエスを信じた。」・・・・とあります。信じきる事で奇跡が起るのです。

●エペソ3:20「わたしたちの内に働く御力によって、わたしたちが求めたり、思ったりすることすべてを、はるかに超えてかなえることのおできになる方に、教会により、またキリスト・イエスにより、栄光が、世々にわたって、とこしえまでありますように。アーメン」

C主に栄光を帰す。・・・本当に神様を信じ、委ね、歩むときに奇跡が起き、栄光へと変えられるのです。

私たちが抱えているどんな問題も、あなたの栄光が現されるそんな場所に変えてくださいますようにお願いいたします。私の小さな頭で考えるのではなくて、主に委ねて主の身元に持ってきて、あなたの恵みと変えてくださいますようにお願い致します。あなたの偉大さがどんなに大きいものかこの信仰の目をもっと開かせてください。イエス様の御名によってお願いします。アーメン

2005年1月29日更新

先頭へ

戻る