トップページへ神の家族キリスト教会

 

「よみがえられた主の恵み」 

- 2005年3月27日 -

水野 明廣 牧師

ヨハネ20:13-23

 イースターおめでとうございます。イエス様の復活に感謝します。

 マグダラのマリヤという女性はイエス様を信じ、出会った素晴らしい感動を忘れることが出来ませんでした。彼女の人生は沢山の悪霊にとり憑かれて苦しいものでした。悪霊につかれている・・・いかにみじめで、悲惨なものであったのかという事が、この言葉からわかります。それは、何らかの理由で人を憎しみ続けるとか、妬み続けるとか、罪を犯し続けるような本来持ってはいけない思いや悪しきことに、私たちが身をまかせてしまう時に起こってしまうことです。
人々は誰もマグダラのマリヤに声をかける事も、相手にする事もしなかったでしょう。彼女は本当に孤立した気の毒な人生を送っていました。そんな彼女がイエス様と出会った時、彼女の生い立ちから何もかも含めて、主は彼女を愛で包んでしまわれました。イエス様が何もかもご存知で、この方が私を愛してくださると。イエス様との出会いで彼女は変わってしまいます。そして神との出会いが何を起こすかというと、悪霊からの解放です。彼女は神よって自由にされます。人がどう見ようとどう言おうと、彼女はイエス様に夢中になって彼女の持っていた全てをもって、イエス様に仕えていく人生を選んだのです。彼女の願い希望をこの方が叶えて下さると信じていました。

しかしそれは彼女の期待していた事とは違っていました。彼女が愛し慕っているイエス様が捕らえられて無残な姿となってしまうのです。弟子たちはその日から逃げてしまいました。でも、逃げずにいた人がいました。このマグダラのマリヤです。イエス様が葬られた墓にまで行きました。行ったら墓には遺体がありませんでした。園の管理人だと思われる人に、自分を愛してくださったイエス様をどこに置いたのかと泣きながらたずねました。園の管理人だと思っていたその人の口から「マリヤ」と自分の名を呼ぶ声を聞きました。この言葉で彼女は、その人がイエス様とわかりました。みなさん、これが神の声だ・・・とわかる人は幸せです。 
クリスチャンだから問題がないわけではありません。神がおられるのにどうしてこんなことが起こるのか、愛してくださる神様がいてどうしてこんなことになるのか。マグダアラのマリヤも一生懸命にイエス様についていきました。それなのにイエス様がいなくなってしまったんです。クリスチャンも試練の中でイエス様が、どこにおられるのかと動揺する事がよくあります。

サマリヤの女は、みだれた生活をしていました。そして何度も何度も夫を変えていました。人々からは悪口を言われていました。しかし彼女はむなしく、救い主はおられるのかと渇いた心を持っていました。その彼女がある日、イエス様に出会いました。そのとたん彼女の問題は解決されてしまったのです。
人間の根本的な問題はイエス様に出会うことによって解決されるのです。主を求める事が一番大切なことです。私たちは健康さえあれば、お金さえあればと思ってしまいます。それはあった方が良いですが、それが人間の本当の解決ではないのです。あなたに素晴らしい地位肩書きがあったとしても、素晴らしい家族がいたとしても、あなたの本当の心の渇きを満たす事は出来ません。イエス様に出会う事・知る事が本当の解決になるのです。イエス様が私たちの真の牧者であり、私たちにとって道であり真理でありいのちだからです。
イエス様がいなくなってしまってから、弟子たちは不安、恐れ、心配に心捕らえられ集まっていた。その中にイエス様が現れて「平安があなたがたにあるように。」と言われました。この御言葉によって強く教えられた事は、人間を閉じ込めるものは牢獄ではないという事です。多くの人が不安という牢獄、恐れという牢獄の中に閉じ込められているのです。クリスチャンでありながら相変わらず不安、恐れ、心配という牢獄にがんじがらめに捕らえられている人がいます。本来愛されている者として私たちははばたいていく者であるのにです。
イエス様は本物の平安を与えたいのです。多くの人々は自分の生い立ちのため、自分が行った過去の失敗のために自分の将来は暗いものと思ってしまいます。素晴らしい伝道者で多くの素晴らしい働きをしたパウロでさえ、イエス様の十字架が唯一の誇りですと言いました。イエス様の十字架は、人間は誰も彼も神様の目には大切な大切な存在であるということを、神様がこの社会に、日本に、世界に送られたメッセージなのです。私たちに対する神の愛のメッセージなのです。

いろんなイエス様との出会いがあります。今日お願いしたい事は、マグダラのマリヤのように主を求めてください。あなたの涙は無駄におわらないです。必ず主はあなたにご自身をあらわしてあなたに会って下さいます。イエス様こそ私たちの望みであり力なのです。平安があなたにありますように、聖霊を受け私の霊で満たされていきなさいと主はおっしゃっています。私たちはいろいろなもので心を満たそうとします。人の言った事やこの目で見るものに、でもみなさん聖霊に満たされて下さい。私たちはただ受けるだけです。マリヤのように求めてみてください。追っかけてみて下さい。イエス様をしきりに追い求めて、みなさんの人生が本当に自由で解放された人生になりますように。新しい主の恵みを受けて下さい。アーメン

2005年4月2日更新

先頭へ

戻る