トップページへ神の家族キリスト教会

 

「主の時に委ねる」

- 2005年8月21日 -

水野 明廣 牧師

伝道者の書 3:11

 私たちは限りある人生を生きています。人生を悔いなく生きるためには、神様の下さる時と機会を生かさなければなりません。私たちは人類に対する神様のご計画、また自分の一生を全て見極めることはできません。今、人類はどういう時代に生かされているのか、自分が人生のどういう時期を生きているのかを正確に知ることは難しいかもしれません。しかし神様はご計画を必ず達成され、私にかかわる全てのことを成し遂げてくださいます。(参考 詩篇38:8)神様は全ての人に時と機会を与えてくださいます。(参考 伝道者の書9:11)そして神様がことをなさるならそれは時にかなって美しいのです。ダビデに仕えていたイッサカル族の人々は時を悟り何をなすべきかを知っていました。(参考 T歴代12:32)私たちが人生で豊かな実を結んでいくためには、時を悟って今、何をなすべきかを知らなければなりません。私たちが本当に主を愛して、主に仕えていくなら、主は人生の重大な時チャンスを捉えることができるようにしてくださいます。クリスチャンにとって今はどんな時でしょうか?今すでに私たちは神の子供です(参考 Tヨハネ3:2)今、私たちは神の民であり、今、あわれみ受けた者です。(参考 Tペテロ2:10)私たちは今、神に愛されていることを覚えてください。

●エペソ5:15-20
 そういうわけですから、賢くない人のようにではなく、賢い人のように歩んでいるかどうか、よくよく注意し、機会を十分に生かして用いなさい。悪い時代だからです。ですから、愚かにならないで、主のみこころは何であるかを、よく悟りなさい。また、酒に酔ってはいけません。そこには放蕩があるからです。御霊に満たされなさい。 詩と賛美と霊の歌とをもって、互いに語り、主に向かって、心から歌い、また賛美しなさい。いつでも、すべてのことについて、私たちの主イエス・キリストの名によって父なる神に感謝しなさい。

この御言葉は私たちが時を生かして、チャンスを逃がさないための神様からの処方箋です。賢い人とは機会を十分に生かす人です。そのためには主の御心が何であるのかを悟らなければなりません。このような賢い人になるためには御霊に満たされなさいと主は教えておられます。“御霊に満たされなさい”・・・この御言葉は現在進行形です。つまり“御霊に満たされ続けていなさい”という意味です。
聖霊様をいつも歓迎し、聖霊様に頼り、聖霊様との交わりを絶やしてはいけません。聖霊様との人格的な愛の交わりがないなら、私たちの信仰生活は律法的で冷たい、喜びの無いものになってしまいます。神様がほしいのは愛です。主は教会を花嫁として、愛の交わりを願っておられます。私たちのからだは聖霊の宮です。私たちのうちには聖霊様がおられるのです。聖霊様を悲しませてはなりません。聖霊様が喜ばれない様な思い、言動を悔い改めましょう。聖会で恵みを受け、すばらしい預言や按手を受けて恵まれても、家に帰ってつぶやき、不満、怒りが心に入ってくるなら、恵みをだいなしにしてしまいます。サタンは盗人として働いています。このため多くのクリスチャンに力がなく、堂々巡りを繰り返しています。御言葉を基礎にした生活を心がけましょう。私たちはどんな時にも、すべてのことに感謝しましょう。日常生活の中でいつも感謝している人は機会を生かすことができます。なぜなら、その人の内で聖霊様が自由に働かれ、溢れ流れ出てくださるからです。そのためには私たちの状況や感情にかかわらず、主への賛美を捧げ続けましょう。賛美する時、聖霊様が私達の内で生き生きと溢れ流れ出てくださいます。聖霊様によって私達は機会を生かして用いる賢い人生を送ることができます。聖霊様は助け主として共におられます。どうぞ信仰によって感謝し、信仰によって賛美し続けてください。

2005年8月26日更新

先頭へ

戻る