トップページへ神の家族キリスト教会

 

「主の御霊によって生きる」

- 2006年6月4日 -

水野 明廣 師

聖句:エゼキエル37:1-5

  今は、驚くほどの聖霊の注ぎがある恵みの時です。ヨエル書にあるように、終わりの時代です。こういう時代に生かされて感謝します。しかし、一方でこの時代はどんな時代だと思いますか?人々は豊かになって、知識があります。人々は知識を求めて走り回っています。混沌としています。ダニエル書によると、これは終わりの時代を象徴しています。

聖霊様が働いて下さることだけが私たちクリスチャンにとって、どうしてもなくてはならないことです。あのヨセフは神の霊によって夢の解き明かしをしました。モーセは力強い働きをしました。神様の霊は、新約時代だけのものではありません。昔から、主の霊は主の御用をするときに注がれます。
サウルは王になった時、主の霊があなたに激しく下るとき、手当たりしだいに何でもしなさい。といわれました。しかし彼は主の霊が臨まれるのを妨げるような行動を取り始めて、主の霊は彼から離れました。

今は「恵みの時」と言われている理由は、誰でもイエス・キリストを救い主として信じる人々には聖霊が注がれます。これが恵みの時代です。聖霊様が私の内におられる。聖霊様が私と共におられる。これは素晴らしい特権です。歓迎されることは嬉しいことですね。みなさん、聖霊様が内におられるということを喜んでいますか?多くの人々は聖霊様が内におられることを時々忘れてしまいます。聖霊様を歓迎し認めて下さい。そして、聖霊様は内におられるだけではなくて、助け主です。クリスチャン生活の中で一番大切な事は、聖霊様の助けによる務めをする事です。伝道も、知恵の御霊が働かれ、あなたが祈ることで人々が癒されていく、まさに力の伝道です。皆さんに主の霊があるからです。

聖霊がエゼキエルを連れだされ、主に見せられると彼にとってはみんな骨でしか見えませんでした。(エゼキエル37:1、2)皆さんが見てる目は聖霊様の見る目とは違うかもしれません。聖霊が働くと必ず幻、夢を見ます。私の霊をすべての肉に注ぐと主はおっしゃいました。すべてはすべてです。未信者の人々にもです。日本は今どうにもならない行き詰まりの状態です。私たちには聖霊様の助けが必要です。聖霊様の素晴らしい能力の霊が働かれたら、人間の知恵や力を超えた神の素晴らしさを皆さんを通して主は現します。私たちの肩書きは関係ないです。主の霊は働いています。ただ私たちは聖霊様の心に合わせる事です。そのような人々に主の御力を現してくださるのです。(U歴代誌16:9)
 主の霊は能力の霊です。主の霊は計りごとの霊です。主の霊は私たちの問題を解決するために働いてくださっています。神様の見解を身につけますように。それと同時に枯れてしまった死んだ骨、もう望みが無いと言っている状況にも御言葉を宣言していくことです。私たちはまず聖霊様を歓迎して、聖霊様の働きをして行く、主の御霊が流れていくような教会でありますように。聖霊の風は、あなたの意向では吹かないです。私たちの方から合わせるしかないです。主の霊が働くときに、皆さんの人生は実を結ばずにはいられません。そんな教会、そんな人生になりますように。アーメン

2006年6月10日更新

先頭へ

戻る