トップページへ神の家族キリスト教会

 

「もてなしミニストリー」

- 2006年7月16日 -

村仲俊朗師

聖句:へブル13:1-3

カナダ宣教報告

 7年前初めてカナダへ行き、もう1度神様が行くように言われ出掛けて、1年半になります。この間、神様の御業は確実に進行して魂が救われつつあります。バンフでは現地の会堂をお借りして9時〜10時まで、午後からはキャンモアの牧師館で賛美大好きな人たちと礼拝しています。バンフは観光地なので、ワーキングホリデイなどで来て、この国の方と結婚される方が多くおられます。しかし、言葉や習慣の違いなどで別れてしまう夫婦、そんな問題を持つ方々が教会で主にあって癒しを受けておられます。

 また、病院を訪問し賛美する活動をしており、主を知らない聖歌隊の方が賛美の中で主を知り救われています。また、料理教室をするために選んだ家屋に多くの人々が集まり、主が備えてくださった韓国の方に韓国料理を教えていただいたりしています。パーティ好きの国なので、アピールすると多くの人たちが集まり、暖かく楽しい雰囲気を感じて、続けて来てくださる方もおられます。カナダでも、たくさんの赤ちゃんが与えられ、お母さん、お父さんが集められ子育ての学びなどをしています。

 カナダ人も、良い服を着ていて豊かに見えても、心に傷を持つ方、離婚寸前の夫婦、人間関係の中で人を赦せず苦しんでいる方など心の貧しくなっている方がおられます。神様は愛して癒そうとしておられます。「心の貧しい人は幸いです。」(マタイ5:3)それはイエス様が近づいてくださるからです。私たちに神様が近づいてくださることを通して福音が宣べ伝えられる、この確信を持って夫婦でカナダへ向かわせていただきました。

 観光者の多いカナダでは、家にも教会にもいろんな方が来られます。すべての人を受け入れる大地のような信仰が必要とつくづく思わされます。大地は犬の死骸さえも受け入れます。私も神様が送ってくださるどんな人も、我慢ではなく愛の心を持って受け入れる姿勢が必要です。へブル13:1-3を開いてみましょう。へブル13:2の旅人は英語ではStranger、訳すと見知らぬ人、奇妙な人で、その人をももてなすとあります。もてなす姿勢は「牢につながれてる人々を、自分も牢につながれているように思いやる」(へブル13:3)とあるように、同じ同情心をもって暖かく包み込むことを、神様は求めておられます。イエス様が最も力を現されたのは、人々に愛を現すとき、赦すときです。聖霊様も最も働かれます。聖霊様を歓迎することは大切ですが、神様が遣わされた人を歓迎しもてなすことも大切です

●「律法全体は『あなたの隣人をあなた自身のように愛せよ。』という一語をもって全うされるのです。」(ガラテヤ5:14)
●「あなたがたは互いに愛し合いなさい。」(ヨハネ13:34)


 隣人に愛を現すために聖霊様は来てくださるので、「求めなさい。そうすれば与えられます。」(ルカ11:9)とあるように天の父に求めましょう。人を愛し赦すことは自分の力ではできません。聖霊様が成してくださるのです。もてなすことを発展させるために、マタイ10:40-42を見てみましょう。マタイ10:41の預言者とは、臨在と力と聖霊の油注ぎです。そういう人をもてなす正しい人には神の国が到来し、平和と喜びで満たされます。私たちは恵みを求めて祈りますが、隣人に水一杯でも与える者は決して報いにもれることはありません。

 神様はいろんな隣人を送ってこられるので、自分の色眼鏡で裁いたりせず愛の目のフィルターをもってみていきましょう(参照マタイ25:35-40)また、神様は隣人を送って試されることもあります。洗礼を受ける姉妹がおられ、まだご主人に話しておられないと聞き恐れが来ました。「私の最も恐れたものが、私を襲い、私のおびえたものが、私の身にふりかかったからだ。」(ヨブ3:25)とあるように、信仰をなくして恐れるとそのことが起こります。実際、夜遅くその姉妹から涙声でご主人が反対していると電話があり、謙遜な心をと祈りつつご主人とお話しました。祈りの中で聖霊様が望まれ平安が与えられました。また、Tサムエル10:6,7の御言葉に力を得て、「夫婦の一致を妨げる霊よ出て行け。」と大声で祈りました。翌日、この姉妹が無事に洗礼を受けられただけでなく、他の姉妹も受けることになりました。

 神様はいろんな隣人によって、神の素晴らしさを教えられます。皆さんの隣人も聖霊様から来る愛で包んでください。神様はその人を通して、神がここにおられる素晴らしいみ業をあらわしてくださいます。本当に霊的なひとは、隣人に愛を現し赦しを与える人です。フィリップという人の訳では、イエス様の十字架上での第一声は「父よ彼らをお赦しください。彼らは、何をしているか自分でわからないでいるのです。」(ルカ23:34)で、この祈りと宣言を言い続けたとあります。聖霊様の力で赦し続けていきましょう。

 見たこともない、聞いたこともない、触れたこともない素晴らしい恵みの世界を通して私たちの信仰が強められます。信仰が強くなると、ますます、イエス様の愛で隣人を愛することができるようになります。主の許しの中で送ってくださる隣人を歓迎しましょう。

2006年7月21日更新

先頭へ

戻る