トップページへ神の家族キリスト教会

 

「聖霊の流れ溢れる教会となる」

- 2006年10月1日 -

水野明廣牧師

聖句:エゼキエル47:9,ヨハネ7:37-39

 聖霊様の流れ溢れる私たちの生活でありたいと願います。私たちの体は聖霊の宮です。世界をつくり、宇宙をつくり、万物をつくられた創造の神が、何と私の内におられます。聖書に書いてあります。この土の器の中に測り知れない神の宝があるとパウロは語っています。(Uコリント5:7)この土の器が壊れると内にある宝が輝き出ます。私たちが砕かれると主の臨在がそこから流れ出てきます。この川が流れて行く所はすべてのものが生きるのです。(エゼキエル47:9)この水が流れてくることによって、私たちの渇きが満たされてきます。イエス様は弟子達に、ご自身がこの世を去ること、助け主が弟子達に遣わされることを語りました。ところが弟子達は不安になり、イエス様を見失ってしまい、散り散りになってしまいました。

しかし、復活されたイエス様にお会いした姉妹の言葉に励まされました。そして、弟子達の中にイエス様は現れ、彼らに、聖霊を受けなさい、と語られました。かつてイエス様の弟子である事を否定し、臆病であったペテロは、聖霊に満たされ、大胆に神の言葉を語り、三千人ほどが彼の語る言葉を受け入れ、バプテスマを受けました。

聖霊様は私たちに合わせる事はされません。思いのままに吹く風のようです。風は私たちの思い通りに吹きません。(ヨハネ3:8)私たちに問われているのは、私たちが聖霊様に合わせることです。聖霊なる主は、私たちの家柄、肩書き、人が拠りどころとする才能、能力、力、情熱によって働かれないのです。ご自分と心が一つとなっている者に働かれます。(U歴代誌16:9)聖霊様は、愛するために生きる人、砕かれた心を持つ人に働かれ、用いられます。人の能力や経験を当てにしておられません。弱い者や取るに足りない者を用いたいのです。聖霊様は知恵の霊です。知識の霊、能力の霊、悟りの霊です。信仰の霊です。信仰はつくろうと思ってもつくり出せません。聖霊の賜物です。主が下さるものです。

聖書の中に、イサクという人物が出てきます。聖書学者の中では、彼を「井戸掘りイサク」と呼んでいます。井戸があるので、家畜も飼えるし、野菜も果物も採れます。井戸は命の源です。よく聖霊様を象徴的に水と表現されています。父アブラハムの時代に掘った井戸が、敵によって何度も埋められていきますが、イサクはその度にそれを掘り返して行きます。最期に掘った井戸を、戦いから解放されたため、「平安」と呼びました。(創世記26章)

私たちは、聖霊が宿っている体です。ヨハネ7:38にあるように皆さんは、生ける水の川が流れるように出ているでしょうか?水が出ていないでしょうか?ある人は、ちょろちょろ出ていますか?福音書に、種まきのことが書かれています。御言葉の種が蒔かれても実を成らす事が出来ないのは、生活の心遣いでした。聖霊様は働いています。聖霊様は、私たちの内におられます。聖霊様を無視しないで下さい。御霊を消してはいけません。(Tテサロニケ5:19)聖霊様を悲しませてはいけません。(エペソ4:30)
敵によってせっかく掘った井戸を埋められてしまう。そしてまた掘り返していきます。これはクリスチャンの信仰の戦いを表わしています。聖霊様の恵みを受けているのに、素晴らしい感動があったのに、思い煩いが来ます。経済的な悩みがあったり、病気があったり、色々な事があって次々と泉がふさがっていきます。しかし、皆さんが信じるイエス様は、私がいるとおっしゃいます。しかも、内から生ける水の川が流れ出るようになる。パウロはむしろ自分の弱さを誇りました。この川が流れ出て行くところに、全てが生きるのです。この川が、聖霊様の聖い流れが、愛の流れが、私たちから流れますように。今、それが必要な時代です。どうしてこんなに悲しい事、辛い事が起こるんだろうと思われるかもしれません。あなたは、今しか生きられないんです。今は、恵みの時です。今は、主を求める時です。過去に生きるのではなく、未来を心配するのではなく、聖霊様はえこひいきされません。私たちは、今、主の御霊に心を合わせる者でありたいです。主は皆さんを用いてくださいます。主は働いておられます。

2006年10月4日更新

先頭へ

戻る