トップページへ神の家族キリスト教会

 

「心を耕し、主に喜ばれる言葉にあふれますように」

- 2007年1月7日 -

水野 明廣 師

聖句:ホセア10:12 

 ここで共通している事は、耕す事です。新共同訳では、新しい土地を耕せ。リビングバイブルでは、かたくなった心を耕せ。と書かれています。お百姓さんは、一年に何度も土地を耕します。手を抜いていい加減に耕すと、いい加減に実るのです。イエス様が賢い人と愚かな人の話をされました。賢い人は、地面を深く掘り下げたと書いてあります。(ルカ7:48)イエス様は私たちがどれほど心を掘り下げて、へり下っていくかという事を教えています。去年へり下っていたと思っても、すぐに心はかたくなり、私たちは何度でも心を掘り起こさないといけません。

 私がカナダにいた時、農家でアルバイトをしていました。どんな仕事をしていたかというと石拾いをしていました。毎年石が出てくるんです。石を取り除かないと収穫がありません。手を抜いて1、2年放置すると、昔の処女地のようにかたくなります。新しい土地を耕すのは本当に一苦労です。色々な物がでてきます。人間の心の中もいつまでも耕していない心、砕かれていない心があります。私たちクリスチャンは、罪人だから耕す仕事が与えられたのです。

 神様がアダムとエバを造った時にも土地を耕させました。(創世記2:15)私たち人間が神と共に生きる者として永遠に続きます。耕すという意味はどういう事でしょうか?開発する。発展する。訓練する。‥‥ダビデは、「私の心を探って下さい。悪い思いや悪い道があるかどうか見てください」と語っています。(詩篇139:23−24)神は私たちの魂の値打ちをはかられます。(箴言16:2)心の値打ちをはかられます。(22:2)成績、収入、能力や才能、私たちは外側に人間的な標準で人を見たりします。主は私たちの心を見ます。人間の心は、よろずに勝って偽ります。恵まれているという思いがあなたの心にしっかりとありますように。御霊による思いだけがあなたの心に入っていますように。何度も掘り起こしたイサクの井戸は、私たちの心について教えています。

 私なんか祈っても答えられないと思ってしまう人が結構います。そんな思いどうしてもっているんでしょうか?私なんか愛されていない。一人ぼっちだ。私は用いられない。私は不幸だ。どこからそういう思いが来るんでしょうか?一瞬のうちにその思いを払い除けるなら幸いです。誰がそんな事を言ったのですか?聖書は何といっているのでしょうか?イエス様は恵みの主です。主は皆さんを喜んでいます。私たちに愛の眼差しがあります。恵みとはふさわしくない人に価値の無い者に与える良いものです。あなたの中にいじけた心がありませんか?あなたの内側に聖霊様が働いていらっしゃって、あなたの持っている心が聖霊様に喜ばれているでしょうか?主は心の値打ちをはかられます。今年、神は恵もうと、恵みに恵みを増し加えようと待っておられます。へり下る者に恵みは圧倒的に注がれます。掘り下げてみてください。他の人の心は掘らないでくださいね。自分の心の中でまだ耕されていない新しい頑なな心は手強いです。また、こんな思いはいけないと捨てることが出来るものもあります。そういう小石がいぱいあります。

 口では悔いていてもそれを捨てようとしないと身を滅ぼすことになってしまいます。サタンからの思いを長く持てば持つほど大きくなっていきます。心の畑がかたくなっていきます。ダビデもその経験をしたんです。 “私のたましいを、牢獄から連れ出し、私があなたの御名に感謝するようにしてください。正しい者たちが私の回りに集まることでしょう。あなたが私に良くしてくださるからです。”(詩篇1142:7)聖書的な思い、聖霊からくる思いで心満たされますように。

 この新しい年のために心探っていきましょう。もし、私たちの心が主から来る思いが、御言葉から来る良い思いで満ちるなら、おのずから言葉が変わっていきます。こんな悪い思いがまた私の心を占めそうですという時、主よ、私のたましいを解放して下さい。と叫んでください。イエス様は解放するために来られました。主は私たちの心を定期的に耕すように願っておられます。皆さん、良い百姓になってください。手抜き百姓にならないで下さい。雑草も生えて、虫もつきます。良い畑に種を蒔くと、良い実がなるんです。とんでもない思いを心に入れて放置していくと、姿もそのようになります。私たちは、勝利者です。神の宝の民です。神に選ばれたものです。そのようにふるまいますように。今は、恵みの時、救いの時です。恵みの収穫の時がやってきます。どうぞ掘り下げていってください。

2007年1月13日更新

先頭へ

戻る