トップページへ神の家族キリスト教会

 

「御霊に導かれる生活」

- 2007年6月3日 -

講師:水野 明廣 牧師
聖書箇所:エペソ4:32

 イエス様は、罪が無い完璧な義なるお方です。ですから、神の赦しは素晴らしいです。そしてこの神の赦しを知ると、本当に神を畏れ敬います。神の赦しが本物になっていないと、たやすく罪に陥ってしまうおそれがあります。繰り返し罪の呪いに入ってしまいます。そういう事がないように完璧な赦しを下さるイエス様に感謝しましょう。

神様の完璧な赦しとは、
@無条件にの赦しです。‥‥40日断食しないと、教会に来ないと赦さないとは神様はおっしゃいません。ルカの福音書18:10では、イエス様が義とされたのは、立派な行いをするパリサイ人ではなく、「こんな罪人の私をあわれんで下さい」と祈った収税人でした。

A完璧な赦しです。‥‥神様は、あなたの罪の10%は赦すけど、あとの90%は、様子をみてから決めようとおっしゃいませんね。私たちを神の義とするために、キリストが、私たちの罪とされました。(Uコリント5:21)それは、一つの罪を犯さなかった正しい者とみなすことです。皆さんは、人に対して出来ていますか?

B永遠の赦しです。‥‥ヨセフは、裏切ったお兄さん達を赦したのに、父親が死んだ後、彼等は不安になりました。皆さん、赦しが後に撤回されたらどうしますか?神様の赦しは、無条件です。完璧です。永遠です。私たちは、イエス様のおかげで生きています。

 先週、私に嬉しい事がありました。それは孫が来てくれたことです。かわいいですよ。空港に迎えに行った時に、気がついてくれて、「おじーちゃーーん」と大きな声で、物凄い勢いで抱きついて来てくれました。幸せだなあと思いました。

 人間は、親から抱きしめられるという事は、本来の人間の尊厳として必要なんです。人間は全て、抱かれて、認められて、喜ばれて、愛されて、楽しまれて、人間の尊厳を築いていきます。皆さんがそのように育ってきているかというとほとんどは疎んじられ、或いはひょっとしたら、お父さんにしっかりと抱擁されたことがないという方々が沢山いらっしゃいます。そのような生い立ちの中、クリスチャンになります。クリスチャンになって霊的に生きれると思い込んでいるんです。それは早とちりです。お互いを裁き、キリストが赦されたようにと赦す事がなかなかできていないのです。簡単な事ではありません。赦しは学ぶものです。成長の中で学ぶのです。

 クリスチャン夫婦だから上手くいくとは言い切れません。クリスチャン夫婦であれば、聖霊様の助けによって、子供を喜ぶ事、お互いを喜ぶ事、一つ一つ学んでいくのです。この学びと訓練は、一番大きな報いがあります。最高のプラスを私たちにもたらします。でも私たちが正しく学んでおかないと、教会に何年通っていても、素晴らしい預言が出来て、異言が語れても実際の生活は滅茶苦茶という事があるのです。クリスチャン生活は、選択することの連続です。それでも私は感謝します。賛美します。愛します。決心してもなかなかすぐに出来ません。続きません。ですから、毎日主に向き続ける事が大切です。

 また、互いに親切に生きて行きましょう。イエス様が赦されたように私たちも赦していきましょう。それは、聖霊が流れて御霊の現われが、私たちの生活に現れるためです。私は、関節炎の人が、目が見えなかった人が、人を赦したとたんに癒されたのを見てきました。赦さないという事は、肉体的にも色々なマイナスを私たちに与えるのです。腹の立つことが多いし、赦してしまったら道理が成り立たない。正義が成り立たないと言うかもしれません。

 しかし、私たちが赦さない事によって、結果的に私たちが失ってしまうものは多すぎます。健康を損なっている人も多いです。何かの事で恨み、腹を立て、憎しみをもったままいると、肉体をも破壊してしまう力があるのです。だからイエス様は、私たちのために、「父よ。彼らをお赦し下さい。彼らは、何をしているのか自分でわからないのです。」と祈って下さいました。

 無条件に赦された私たちだから、人に赦しを与えたいですね。人を怒って、憎んで、妬んで、責めてる心を持っていると、自分が一番不自由な人になるんです。知らないうちに本当の喜びがなくなってしまうんです。マタイ18章に、主人に借金をしていたしもべが、赦され、借金を免除されたのに、自分自身は、借金をしている仲間を赦さなかった。その事を聞いた主人は、しもべを獄吏に引き渡したという話があります。

 私たちは、恵みにより信仰により一方的に救われました。しかし、その後が成長のための訓練です。日々十字架を負って、毎日聖霊様の助けが必要です。私たちの幸せはイエス様に習う事です。今も私たちの祝福のために祈ってくださってます。私たちは祝福を受け継ぐために召されました。イエス様は人間の弱さ痛みを御存知です。

 どうぞ、この朝、私は赦す方を選びます。今日だけではなくて、ずーっと赦しました。と決心してください。思い出しても、まだ赦していないと思っても、こんな私ですが、あなたに負ってもらいますと主にすがり祈り続けてください。そのうちに強さが与えられます。キリストが私たちを赦してくださったように、赦しを周りの人々に流していく事が、聖霊様の助けによって出来ますように。

2007年6月10日更新

先頭へ

戻る