トップページへ神の家族キリスト教会

 

「きのうもきょうも同じ主」

- 2007年8月12日 -

講師:アロン・ジョーンズ師
聖書箇所 マタイ8:1-3

 イエスが山から降りてこられると、多くの群集がイエスに従った。すると、一人のらい病人がみもとに来て、ひれ伏して言った。「主よ、お心一つで、私をきよめることがおできになります。」イエスは手を伸ばして、彼にさわり、「わたしの心だきよくなれ。」と言われた。すると、すぐに彼らのらい病はきよめられた。

 神学者は人が癒されることは神のみこころかどうかいつも論争しています。論争がこんなに長引くのは聖書にはっきり書かれていないからなのでしょうか。ここのみことばにその事をはっきり質問した人の事が記されています。「あなたはわたしを癒してくださるおこころがおありでしょうか。」と。お答えは「わたしのこころだきよくなれ。」でした。ヨハネの福音書12:49,50で「わたしは自分から話したのではない。わたしを遣わした父ご自身が、わたしが何を言い何を話すべきか命じられたとおりを、そのまま話している。」と言われました。と言うことは、良くなって欲しいという事を神様のお心としてイエス様は伝えられたのです。

 イエス様はどのように癒しをされたでしょうか
 聖書の中にイエス様が癒しのために祈られたと書かれたところはどこにもありません。
イエス様は祈られる必要がなかったのです。イエス様は権威あるお方ですからすべての権威を行使できるのです。
 以前私は「御心でしたら癒してください。…・お願いだから…して下さい。」とかなり不信仰な祈りをしていましたので結果は惨めなものでした。

 ヤコブの手紙においてヤコブは「知恵の欠けた人がいるなら神に願いなさいそうすれば与えられます。ただし、少しも疑わずに信じて願いなさい。疑いを持ちながら願う二心のある人は、神様から何かをいただけると思ってはなりません。」(ヤコブ1:5−8)と言っています。それで私は癒しの事や祈りのことについて学びました。結果経験によって、信仰そのものが癒しが起きるかどうかの大きな要素ではない。からしだね一粒の信仰があれば山を動かすことができるのであれば、信仰の量ではない。疑わずに信じればいいのなら、信仰の深さではないと思ったのです。

 ヨハネ14:31「しかしそのことは、私が父を愛しており、父の命じられたとおりに行っていることを世が知るためです。…」イエス様は神様の命じられたとおりの事を行われたのです。使途の働き10:38「それは、ナザレのイエスのことです。神はこの方に聖霊と力を注がれました。このイエスは、神がともにおられたので、巡り歩いて良いわざをなし、また悪魔に制せられているすべての者をいやされました。」この時もイエス様は神様の命じられたとおりに行われたのです。イエス様は公的生涯の3分の1以上をいやしのために使われました。1日3時間はいやしのために費やしておられたのです。そしてそれを父の命によって行なっていると言われました。マタイの福音書8,9,10章を読んでいただければ、殆どいやしの奇跡で占められているのを見るでしょう。そしてそのすべてのいやしの時「神様のみ心は?」と問うてはおられません。

 私はヨハネの福音書14章12節が聖書全体の中で特に好きです。「まことに、まことに、あなた方に告げます。わたしを信じるものは、わたしの行うわざを行い、またそれよりもさらに大きなわざを行います。わたしが父のもとに行くからです。」皆さんイエス様を信じていますか?それならイエス様と同じわざをするのです。イエス様は神のみ子だから出来ても、皆さんは人間だから無理だと思いますか?イエス様は誰のためにも「…がいやされますように」とは祈られませんでした。イエス様は誰もいやされませんでした。イエス様はご自分の力では誰もいやされませんでした。イエス様の働きは全て聖霊様にゆだねられました。イエス様は100%人間であられると同時に100%神であられるお方です。イエス様は人の子として、父なる神の下ではじめて、いやしをされたのです。

 私の働きも、余りの忙しさに疲れ果てて、身体も頭も力がない時があります。しかし、神様の御用をする時それは関係ありません。私の才能、能力はいらないのです。みことばに「権力によらず、能力に よらず、わたしの霊によって。」と有るとおりです。すべて聖霊様がされるのです。疲れて何も考える力もなく弱っている時、大きないやしが起きたことがあります。ですからあなたも用いられるのです。

 民数記23章「神は人間ではなく、偽りを言うことがない。人の子ではなく、悔いることがない。神は言われたことを、なさらないだろうか。約束されたことを、成し遂げられないだろうか。」 神が神である特徴は変わらないと言う事です。また真実、誠実、忠実なお方です。イエス様が生活の中でそれを表してくださり「わたしを信じる者は同じようにしてください」と言われました。信じるなら皆さんもできるのです。

 へブル13:8「イエス・キリストは、きのうもきょうも、いつまでも、同じです。」今日もあなたをいやされます。「聖霊様おいでください。あなたの最善を私にして下さい。」とおっしゃってください。

2007年8月21日更新

先頭へ

戻る