トップページへ神の家族キリスト教会

 

「恵まれた幸いな人」

- 2010年10月17日 -

講師:水野明廣牧師
聖書箇所:エペソ1:2、ゼカリヤ4:6-7

 エペソ人への手紙はパウロが獄中から書いた手紙です。パウロはローマでイエス・キリストが主であり、私たちの救い主であることを宣べ伝えていたために投獄されました。パウロ自身も以前は、サウロという名前でクリスチャンを捕らえて牢に入れていた人でした。

 彼がクリスチャンを迫害していた時、イエス様に出会い「サウロ、サウロ。なぜわたしを迫害するのか。」という声を聞きました。クリスチャンを苦しめることはイエス様を苦しめることと同じです。主は、私たちが互いに愛し合ってほしいと切に願っておられます。信仰の家族であり、キリストの体である教会に対してした事は、キリストに対してした事と同じなのです。イエス様に出会って、すっかり変えられたパウロは、命懸けでイエス・キリストの福音を宣べ伝え、そのために牢に入れられることになったのです。

 彼が牢獄から書いた全ての手紙に、恵みと平安を祈る言葉が書かれています。恵みとは、例えて言うと、ある人が自分の愛するひとり息子を殺されてしまったとします。彼は相手の殺人犯に復讐することも、法律によって裁くこともできます。しかし、彼はそうはしないで、その殺人犯を赦し、彼を自分の息子として受け入れ、自分の財産を全て相続させます。これがふさわしくない者に与えられる神の恵みです。

●「しかし私たちがまだ罪人であったとき、キリストが私たちのために死んでくださったことにより、神は私たちに対するご自身の愛を明らかにしておられます。ですから、今すでにキリストの血によって義と認められた私たちが、彼によって神の怒りから救われるのは、なおさらのことです。」(ローマ 5:8-9)

 イエス様が私たちを愛して、十字架で命を捨ててくださったので、律法の行いによってではなく恵みによって救われる。この福音の言葉は知性的なギリシャ人にとっては愚かな話、宗教的なユダヤ人にとってはつまづきの石となりました。しかし信じる私たちにとっては救いを得させる神の力です。(ローマ1:16)

●「アブラハムは年を重ねて、老人になっていた。主は、あらゆる面でアブラハムを祝福しておられた。」(創世記24:1)

 クリスチャンはアブラハムの祝福を受け継ぐ者です。

●「そういうわけで、信仰による人々が、信仰の人アブラハムとともに、祝福を受けるのです。」(ガラテヤ3:9)

 自分自身に宣言してください。「私はこれからもっと良くなる!私の人生はあらゆる面で祝福される!!」と。クリスチャン生活には、山あり谷あり、様々な困難や試練もあります。しかし主にあっての苦労だったら、その何倍も子子孫孫まで報いがあります。私たちは恵みの世界に生きています。呪いとは無関係です。そのような思いは捨ててください。人生に行き詰まっていても「恵みを注いでください。」と祈ってください。私たちには主の恵みが必要です。人間の努力も主の恵みが注がれてこそ実を結びます。

ユダヤ人の伝統的な祈り
『主があなたを祝福し、あなたを守られますように。主が御顔をあなたに照らし、あなたを恵まれますように。主が御顔をあなたに向け、あなたに平安を与えられますように。』(民数記6:24-26)

@ 祝福してください
A 恵みを注いでください
B シャローム 平安がありますように

 この祈りが続けられたのでイスラエルは滅びず国が復興しました。主の恵みがあれば、どんな人も回復され、輝くのです。あきらめないで愛する人々のために「恵みがありますように。」「恵みの御手を置いてください。」「恵みによって目覚めさせてください。」と祈り続けてください。

 また、「平安がありますように。」と祈ってください。平安には心配、不安から解放されて、願っている通りに、やるべきことがやれるという意味があります。どこに行く時も、何をする時も平安を祈り、主が共におられ、生きて働いておられることを体験してください。

●「すると彼は、私に答えてこう言った。「これは、ゼルバベルへの主のことばだ。『権力によらず、能力によらず、わたしの霊によって。』と万軍の主は仰せられる。大いなる山よ。おまえは何者だ。ゼルバベルの前で平地となれ。彼は、『恵みあれ。これに恵みあれ。』と叫びながら、かしら石を運び出そう。」」(ゼカリヤ4:6-7)

 ゼルバベルという名前は、バビロニヤの勢力によって粉々に破壊されるという意味があります。彼が神殿の再建に行き詰まっていた時、主の言葉がありました。神の前では人は何も誇ることができません。権力も能力も何もなくても、聖霊の力によってすることができます。大きな山のように立ちふさがっている試練、困難に向かって「おまえは何者だ。平地になれ。」「恵みあれ、これに恵みあれ。」と叫んでください。かしら石とはイエス様です。主が立ち上がってくださいます。

@ 祝福の祈り
A 恵の祈り
B 平安の祈り

 を続けて祈ってください。私達の祈りによって聖霊様が働いてくださいます。あのことにも、このことにも、あの人にも、この人にも、神の祝福、恵み、平安がありますように。私たちの家庭に、クリスチャンライフに恵みあれ。イエス様の御名によって祈ります。

2010年10月21日更新

先頭へ

戻る