トップページへ神の家族キリスト教会

 

「祝福の恵みを生きる」

- 2015年3月22日 -

講師:水野 明廣 師
聖書箇所:Tコリント 10:12-13

「ですから、立っていると思う者は、倒れないように気をつけなさい。あなたがたの会った試練はみな人の知らないものではありません。神は真実な方ですから、あなたがたを、耐えられないほどの試練に会わせることはなさいません。むしろ、耐えられるように、試練とともに脱出の道も備えてくださいます。」

試練や困難について、みなさんに心に留めていただきたいことが3つあります。


1.私達には患難や試練があります

イエス様を本当に信じて、敬虔なクリスチャンであれば、必ず患難や試練に会います。

●「確かに、キリスト・イエスにあって敬虔に生きようと願う者はみな、迫害を受けます。」
(2テモテ 3:12)


神は私達を愛しているからこそ、私達を訓練されます。

●「そして、あなたがたに向かって子どもに対するように語られたこの勧めを忘れています。『わが子よ。主の懲らしめを軽んじてはならない。主に責められて弱り果ててはならない。主はその愛する者を懲らしめ、受け入れるすべての子に、むちを加えられるからである。』訓練と思って耐え忍びなさい。神はあなたがたを子として扱っておられるのです。父が懲らしめることをしない子がいるでしょうか。」(へブル 12:5-7)

試練は、私達は自分が何者かであるかを知るために与えられることもあります。

●「あなたの神、主が、この四十年の間、荒野であなたを歩ませられた全行程を覚えていなければならない。それは、あなたを苦しめて、あなたを試み、あなたがその命令を守るかどうか、あなたの心のうちにあるものを知るためであった。」(申命記 8:2)

しかし、神は絶対に私達を見捨てられません。必ず脱出させてくださいます。

●「まことに、主は、ご自分の民を見放さず、ご自分のものである民を、お見捨てになりません。」(詩篇 94:14) 

2.試練や困難に会う度に御言葉の告白をしましょう。

試練や困難は、クリスチャンにとっては「重い栄光」に変えられるものです。主にあって、「今の軽い患難」は「重い栄光」に変わります。

●「今の時の軽い患難は、私たちのうちに働いて、測り知れない、重い永遠の栄光をもたらすからです。」(2コリ 4:17)

キリストの栄光のために召された私達は、栄光とともに苦難もともにします。

●「もし子どもであるなら、相続人でもあります。私たちがキリストと、栄光をともに受けるために苦難をともにしているなら、私たちは神の相続人であり、キリストとの共同相続人であります。」(ローマ 8:17)

試練や困難によって、私達はキリストの品性、柔和、謙遜を身につけ、整えられていきます。

●「またキリストによって、いま私たちの立っているこの恵みに信仰によって導き入れられた私たちは、神の栄光を望んで大いに喜んでいます。そればかりではなく、患難さえも喜んでいます。それは、患難が忍耐を生み出し、忍耐が練られた品性を生み出し、練られた品性が希望を生み出すと知っているからです。」(ローマ5:2-4)

そして、純金のような神の栄光の誉れを受けるため、火による精錬を通らされます。

●「あなたがたの信仰の試練は、火で精錬されつつなお朽ちて行く金よりも尊く、イエス・キリストの現れのときに称賛と光栄と栄誉になることがわかります。」(1ペテロ 1:7)

●「愛する者たち。あなたがたを試みるためにあなたがたの間に燃えさかる火の試練を、何か思いがけないことが起こったかのように驚き怪しむことなく、むしろ、キリストの苦しみにあずかれるのですから、喜んでいなさい。それは、キリストの栄光が現れるときにも、喜びおどる者となるためです。」(1ペテロ 4:12-13)

試練や困難に会う度に、ぜひ、御言葉の告白をしてください。自分の魂に向かって御言葉に基づいた告白をしましょう。「今の患難は重い栄光に変わります」「神が私をもっともっと整えてくださいます」といったように。

3.神の恵みにより頼みましょう
御言葉によって告白し、祈って、さらに主の恵みにより頼んでください。

●「しかし、この私は、神の家にあるおい茂るオリーブの木のようだ。私は、世々限りなく、神の恵みに拠り頼む。」(詩篇 52:8)

みなさんの業績、才能、過去の生き方に頼るのではなく、神の恵みにより頼んでください。
そして、いよいよ主をほめたたえてください。

●「しかし、私自身は絶えずあなたを待ち望み、いよいよ切に、あなたを賛美しましょう。」
(詩篇71:14)


この詩篇71:14を生涯実行し続けてください。
主は必ず脱出させてくださいます。
主をあがめ続けていくならば、今の試練や困難は、必ず主が重い栄光に変えてくださいます。

2015年4月15日更新

先頭へ

戻る