はじめまして

 

 はじめまして! 最初ですから、まずは自己紹介から。
村仲俊朗、昭和26年、鹿児島の出水市生まれ:ここは知る人ぞ知る、鶴の渡来地です。鹿児島、熊本など、九州南部中心に生活してきました。したがって、カナダに来るまでは氷点下の世界は未体験。現在、単身でカルガリーN.W.に滞在中。春に来る予定の妻、それから長男20歳、次男18歳、長女16歳は名古屋市に在住。「熊に食べられないように!エルクさんによろしく!」などなど、熱いエールを送ってくれている。お仕事は、バンフのジャパニーズ・グレース・チャーチの新任牧師です。

 12月に来たばかりの頃、なんとマイナス34℃という世界を生まれて始めて体験。驚きと感動に震えながら、「これは宇宙服が必要だ」と真剣に考えた新任牧師。年末にこちらに遊びに来た娘も、私の「カナダでの1番の印象は?」の質問に、「鼻水が氷に変身した。」と、年頃の娘にふさわしい(?)答えが返ってきた。

 とにかく、ほとんどの事が「初・・・」のことだらけで、驚きと感動の連続。南国育ちだけに、雪が舞えば自分も舞うほどの雪好き。しかし、ここで舞えばそのまま天にまで舞い上がって帰らぬ人に・・・。今は、このあまりにも違う世界を、好奇心に満ちた気持ちで楽しんでいる。近頃はこの感動、喜びの大切さを実感している毎日です。バンフタイムズの読者の皆さん、この新住人をよろしく。

・・・聖書のひとこと・・・
 「心に楽しみのある人には毎日が宴会である。」(箴言15:15)


 

 一覧   次へ