Have a nice day!
 
 カナダに来て初めてスーパーマーケットに行った。というのも、冷蔵庫の蓄えが尽きてしまったからで、零下の外に出ることや、スーパーのレジを通るときのあの極度の緊張感(以前アメリカのレジでドジった経験者)=中国の入国審査を受ける時のような心臓の鼓動を覚える経験はできるだけ避けたかったのだが・・・。

 “Hi!”と言っているので、こちらも日本語風に「はい」と。レジの機械に出ている金額と丁度同じ金額を出した・・・つもり。相手はニコニコしながら私を見ている。私もニコニコを礼儀良くお返しした。しばらくニコニコ合戦。

 しかし、レジの女性が機械の金額を指差す。私は、「Oh、また何かやらかしたか!?」・・・私の心臓は反応が早く働き者、すごい勢いで鼓動を打ち始めた。本当にいつもご苦労様。金額を見ても焦ってる私には何が何だかわからない。

 優しいレジの女性は、今度は私の出した小銭の1つを指差し、人差し指を左右に振った。そうだ、25セントと思い込んでいたのが実は5セント。「ごめんなさい」と思わず日本語で言いながら、正確な金額を出す。ここでまた、ニコニコ合戦。笑顔に救われたと思っていた矢先、とどめの“Have a good day!”と言いながら、笑顔でウィンクされ、嬉し恥ずかしで失神しそうになった。でも何とも素晴らしい挨拶の言葉の習慣であろうかと感動した、カナダ生活初体験のToshi牧師でした。

・・・聖書のひとこと・・・
 「良い返事をする人には喜びがあり、時宜にかなったことばは、いかにも麗しい。」(箴言15:23)


 

 一覧  前へ 次へ